Exhibitions

箱嶋泰美

2021年10月 1日(金)〜11月13日(土)
11:00am - 6:00pm(日祭休廊)

Yasumi HAKOSHIMA

Oct. 1(Fri)-Nov.13(Sat), 2021
OPEN: 11:00am - 6:00pm
CLOSE: Sunday and National holiday

Artist Profile

/artists/hakoshima_yasumi

210930_142335.JPG
Singer and guitarist
シンガーとギタリスト
2021年 水彩、紙
40.7×32.0cm
210930_142502.JPG
people under the times Asia
時間の下で アジア
2021年 水彩、紙
40.7×32.0cm
210930_142829.JPG
Cleaning black car
黒い車を掃除
2021年 水彩、紙
32.0×40.7cm
211001_163336.JPG
LOWSON 
ローソン
2019年
水彩・紙
33.5×25.0cm
210930_142702.JPG
Scale
はかり
2021年 水彩、紙
40.7×32.0cm
210930_173859.JPG
Cheetah and leopard
チーターとヒョウ
2021年 水彩、紙
40.7×32.0cm
211001_183159.JPG
Woman on the escalator
エスカレーターの女性
2021年 油彩・キャンバス
72.7×60.6cm
211001_184650.JPG
Bus to Ayutthaya
アユタヤ行きのバス
2021年 油彩・キャンバス
100×80.3cm

 

箱嶋の水彩画は、スローモーション連写ように一瞬の情景を切り取る。通りすがりの人物は、たいていその表情はムーミンに出てくるリトルミイのように不機嫌なのだが、これ以上の余計な詮索を拒んでいるかのようだ。或いはぽつねんと描かれた植木鉢や置き物、キッチン用品といった日常の様々な物たちは、見る側の者へ問わず語りにそれぞれの来しかたを語りかける。対象が生物であれ無生物であれ、彼女の視線は等距離で同質だ。それは作家の観察眼の安定と確かさでもあり、見方を変えれば身の回りのモノに対する分け隔てのない慈しみでもあろう。まさに一服の清涼剤である。

Hakoshima's watercolor painting captures a momentary scene like slow motion continuous shooting. Passersby, whose facial expressions are usually as moody as the Little My in Moomin, seem to refuse any further snooping. Alternatively, various objects in daily life such as flower pots, figurines, and kitchen utensils that are drawn in a solitary manner tell the beholders, us, the story of how they came and existing without being asked. Whether the subject is a living thing or an inanimate object, her gaze is equidistant and homogeneous. It is also the stability and certainty of the artist's observing eyes, and from a different point of view, it may be an equal affection for things around her. That's exactly "a breath of fresh air".

211002_113619.JPG
211002_113858.JPG
会場風景
211002_114036.JPG

211001_121733.JPG
箱嶋泰美 「Into the world of Yasumi Hakoshima」
冊子(およそ小B6判)/2021年 南天子画廊発行
価格:800円(税込)
※冊子のご購入に際しましては郵送(送料別)も承っております。
お気軽にお問い合わせください。

常設展 2021年11月15日〜11月16日
常設展 2021年7月10日〜8月31日